コラム|東大和・立川・小平エリアで歯科・歯医者をお探しの方は8211(ハニイイ)デンタルクリニックへ

〒207-0013 東京都東大和市向原6丁目1413-5

Tel 042-561-2811
診療時間
09:30~13:00
14:30~19:00 - - -
14:00~16:00 - - - -

休診日:祝日

  • TIME
  • ACCESS

食事のあと爪楊枝使ってませんか?〈9月のお知らせ〉

こんにちは!!8211デンタルクリニックです。

 

コラムの前に、一点お知らせがございます。

2024年9月1日(日)から、休診日が変更になります。

 

変更前

診療時間
09:30~13:00
14:30~19:00
14:00~16:00

休診日:祝日

 

変更後

診療時間
09:30~13:00
14:30~19:00
14:00~16:00

休診日:木・日・祝日

 

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

 


 

さて皆さんは、食後につまようじを使っていますか?

コンビニの割り箸袋の中にも入っていますし、飲食店のテーブルの上にもよくおいていますね。

歯と歯の間に詰まった食べ物のかけら等を取るのには、便利ですよね。

 

しかしながら、つまようじを日常的に使っていると、意外な落とし穴があるんです。

それは・・・ 「歯と歯の間の歯ぐきがやせて下がってきやすくなるということです。

 

 

つまようじを使うことで、歯と歯の隙間が大きくなります。

歯と歯ぐきの間に隙間ができてしまうと、見た目が悪いだけでなく、

食べものがはさまりやすくなってしまいます。

また歯根が露出してしまい歯が過敏になり、歯ブラシが当たると痛かったり、

食べ物がしみたりと不快感が出ます。

 

歯ぐきの退縮が進むと歯がグラグラしたり、歯周ポケットが深くなり歯周病が進んでしまいます。

また使い方を間違うと、歯や歯ぐきなどを傷つけてしまうことがあります。

 

じゃあ、食べものが詰まったときはどうすればよいのでしょうか?

デンタルフロス(糸ようじ)歯間ブラシを使いましょう。

これらを適切に使えば、歯と歯ぐきのケアができてむし歯や歯周病の予防にもなります。

 

 

歯と歯の間の汚れは、歯ブラシだけでは約60%しか落とせていません。

デンタルフロスや歯間ブラシを使うことで、約80%の汚れを落とすことができます。

毎日行う歯みがきで、より効率的にお口の汚れを落とすために

デンタルフロスや歯間ブラシの使用を取り入れましょう。

 

つまようじの使用は出先などでのあくまで緊急の対応のみとし、日常的に使用するのはやめましょう。

最近歯ぐきが下がってきたな、歯が長くなってきた、伸びてきたように感じるなと感じる方は、ぜひご相談ください。